200317_定期通院日

というわけで、IDDMな月一の定期通院日。A1cは0.1あがって7.7。ここしばらくは Av 7.7前後。上がりもしないし、下がりもしない。多分、普通の生活だとこんなものなのかも。気持ち 7.5切るくらいまではゆっくりさげたいな。

200218 定期通院日

Kimg0381


一型罹患なので、月一の定期通院日。
今日は病院はしごした。内科と眼科。あと行かないと行けないのは歯科なんだけど、歯科は年一回で約束してる。次回は9月だ。

で、眼科は半年に一回でおいでって言われてて、今月が半年ぶりだと思ってたたけど、実は違った。

「予約は4月ですが・・・?」的な話をされた。勝手に自分の勘違い。
「また、4月きますか?それとも?」 みたいな一悶着があったけど、結局診察していただき、現状は問題がないとのこと。血糖も安定してるし、そんなに頻繁にこなくても大丈夫だよ?って先生にいわれ、じゃあ、1年後でいいですか?って聞いたら、1年はお互い忘れちゃうから、やっぱり半年後においで・・・とのこと。

肝心の内科のほうは A1c 7.6。写真のやつは、健康体みたいに血糖値が推移してたやつ。(2/17の午前中)
普段はあんなのはあんまりない。体重がへってるっぽいんだけど?って確認したら、しっかり食べて、筋肉つけましょうてきなアドバイス。

エネルギーが足りないと筋肉分解して、エネルギーを取り出すのね。それで、上半身の筋肉が落ちてるな・・・と風呂上がりに認識。
腕立てやるかな・・・・


シックデー

Kimg0131

191112_定期通院日

11月の定期通院日。

朝30分程度早めにでると、診察終了が2時間くらい早めに終わるの感じ。
月のよっても異なるんだろうけど。

さて、本題。いくつか疑問を持ちながら、リブレフリースタイル処方後、初の検診。

Q1、検診用のデータは何をどれだけ持っていく?
A1、担当医曰く、結論から言うとデータに振り回されないでくださいね。リブレを使うことで以下に無理なく血糖値をさげることができかが本質なので・・的なことを言われた。なので、必要なのはグラフで上下がわかる最小なデータでOK。
スナップショットと週別データがあればOKかな?

Q2.使用後の血糖値測定センサーはどうする?
A2、病院で廃棄っぽい。なので、大きめの医療廃棄物のボトルもらった。

Q3、他の病院では、リブレのデータ回収はどうしてる?
A3、県内の大学病院ではリブレを受付時にそのまま渡して?医療チームがデータの吸い出しをやってるっぽい。さすがにこのやり方はかかってる病院では無理ゲーかなとおもう。

リブレの項目である目標グルコース設定値はデフォルトで100〜160だけど、一型の人は80〜180くらいの幅でOKとのこと。
下の80は低血糖の症状がでない範囲で設定してもらってOKだよ・・と。
あと、リブレは低めにでる傾向があるので、実際が80〜180でも測定値に反映されるのは10〜20くらい下になるので、自分は70〜180(実数で80〜160)設定した。

あとは、現在の病院は、リブレつかってる患者が自分だけなので、センサーなんかも在庫がなく?終わってから待たされた。また、何個入りますか?とかも確認された。(こっちが把握しておかないとだめなの?汗)さらに?リブレ使い続けますか?的な質問もされた。いいのかな?だいじょうぶかな?

 

 

191111_明日定期通院_ちょっとわからない

20191111-222536

というわけで、明日、リブレを1ヶ月装着してはじめての定期健診なんだけど、ちょっと勝手がわからない。

というのは、以前は、測定チップと針の数を数えて必要な分だけ申告してたがそれがない。まぁ、これはよいとして・・・
次に、過去の1ヶ月の血糖値のデータをPDFでだしたんだけど、それがリブレになったら、いろんなパターンで出力できるので、なにをもっていっていいのかわからない。ちなみにいま28枚くらいある。よくわからないので全部出力した・・・
あと、測定センサーの使い切ったやつの処分とか・・・

他の人はデータの吸い出しどうしてるのかな?

191108_リブレを使って気が付いたこと

Kimg0075


ご飯を食べた後、すぐに空腹を感じることがあって、こんなもんかな?とかおもってたんだけど、リブレをつけて血糖値の推移をみたら、ご飯食べると同時に下がってた。すごいな。食べてあがるよりも、インスリンの下げの勢いの方が強い。朝ごはん。昼ごはんではあまり感じないので、夜特有の現象。もちろん、カーボカウントしてご飯の量を計算してインスリン入れてるので、過剰にうったりはしない(・・・はず)。

考えられる要因は
アルコールを一緒に摂取
トレシーバを一緒に摂取
そのた?

・・・・かな。次回、お医者様にきいてみる。

191029_リブレ初交換

10月の定期通院で、やっとリブレ処方されました。2年がかり?(笑) かかりつけの病院も現場の看護婦さんが勉強されて、自分が第一号、みるのもさわるのも初めてなので、こっちが質問しても的確な答えがかえってこない。「一緒に勉強しましょうね。」と、「教えてくださいね。」的なやつ。これに関しては、別に文句も失望感もないです。自分の病気は10万人に一人とかの割合だし、地方の病院だし、一型ってのを丁寧にあつかってくれてるだけでもありがたい。と思ってます。
とは言うもののの、初体験はこっちも同じで知識だけではない実技?はわからないので、不安はあるが、ま、死なない程度にがんばろうかと。
で、センサーの初交換。
すごく丁寧に、読み取りマシンはあと、3日とか、あとX時間とかおしえてくれた。あとX時間はどれくらいいけるのか、時間がすぎたらどうなるのか、試してみたのが、下の写真。

Kimg0064


結構、シビアにみるわけね。Twitterでもつぶやいてるんだけど、自分では2Weekは長いかも・・・って若干不安があったのです。とりあえず、期日いっぱいまでもったので、正直ほっとしてます。かぶれてダメにならんかな?みたいなのはありました。なので、今日は1日、肌休め?ではないけども、スキンクリームにぬって、おやすみにします。

それから、下が二週間うでにささってたセンサー(Bluetoothだか、NFCだかが入ってる)
針がね、結構ながくみえるんですよ、ほんとに最初はびびりました。使い終わってからみると、そんなに長いないな・・・ってのと、針はやわらかかったです。びよ〜んって弾力がありました。

Kimg0065


とりあえず、ワンサイクルまわった報告と雑感です。



191018_リブレ4日目

191018朝食前
朝食前は、リブレが少したかい。

 

191018晩飯前
晩御飯前なんだけど、こっちはリブレが低い。でも誤差の範囲かね?

191017_リブレ3日目

Kimg0043
191017 昼飯時間
黒いリブレと白いメディセーフフィットスマイル。リブレはやはり低めにでる。少し調べたんだけど、リブレは皮下間質液血糖値で、血液中の血糖値(グルコース濃度)との差みたい。具体的には血液中のグルコース濃度が少し時間をおいて皮下間質液のグルコース濃度になるのでいいのかな。
ということは、山がある場合(血糖値があがってる最中)とかは白いのが高く、谷の場合(血糖値がさがってる時)はその逆となるのか。平坦な経過のときはほぼ一緒の理解かな。

Kimg0044
191017 夕食前
やはりリブレがこっちも低いか。

あと、二日目では、違和感はないと書いたんだけど、3日目の夜でセンサー周りが痒くなってきた。寝てるときに無意識に腕を掻き出して?センサーに気づいた感じ。起きてる間はそのようなことはなかった。就寝時に体があたたまって、その症状がでるのかも?
また、この日は少しだけアルコール飲んだし。

 

だけど、まだ3日目で、これで2weekもつのか、少し不安になった。

 

191016_リブレ二日目

Kimg0041

フリースタイルリブレ 装着 二日目。
センサーの方は、二日目になって、全然気にならなくなった。違和感も痛みも・・・
そうすると、少し余裕ができて、以前から噂になってる血糖値の誤差が気になって、夕食前にリブレと以前つかってた測定器と両方ではかってみた。そしたら写真のとおり。

昼飯前も同時に測ってみたんだけど、123と132だった。リブレは10程度低めにでるかんじ。
どっちがただしいのかわからないけど。

ちょっと、しばらくは両方を測ってみる。

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ