200205_Kissing slugs(洋ラン)

Kissing slugs


沖縄県で2月に10日間ほど開催される沖縄国際洋蘭博覧会で何年か前からか出店で蘭を数点購入するってのが慣例行事になった。
毎年、ちょっとづつ、そんなにたかくないやつを買ってる。

今年は新潟からの出店があった。そこで、3つ1000円で小さな、ミニチュアオーキッド?ミニ蘭?みたいなやつをみてたんだけど、ナメクジのキス(Kissing slugs)とかいういかにもおどろおどろしい蘭をみっけた。
名前はプレウロタリス サラセニア (Pleurothalis sarrasenia)、ブラジル原産の原種らしい。水を好むとお店のお兄ちゃんは言ってた。

Webでしらべても、プレウロタリス サラセニアだとあまり引っかからない。Pleurothalis sarraseniaだと、ひっかかるが、日本語のページはあんまり。育てやすいとの記述もあった。大きくなるのが楽しみだ。

プレウロタリス属 Pleurothallis R. Br. はラン科植物の1属。熱帯アメリカにきわめて多くの種がある。花は地味なものが多いが、その形態は非常に多様。

また、以下とも書いてる。

種数は非常に多く、1000種とも1100とも言われ、これはマメヅタラン属と並んでラン科最大の種数を誇る。さらには属としては植物界全体でも最大の1つとも言われる[14]。分類的にはまとまりのよい群ではなく、いくつかの亜属に分けられるが諸説あり、それらが単系統をなすかどうかには議論がある[15]。

プレウロタリス属(Wikiprdia)

沖縄国際洋蘭博覧会

200202_沖縄国際洋蘭博覧会(開場2日目)

沖縄国際洋蘭博覧会看板

という訳で、今年も沖縄国際洋蘭博覧会にいってきたよ。2週間で土日が2回しかないから、うまくスケジュールあわせないと行けないんだ。家族のスケジュール調整も必要で、結局、一人でいってきた。午後その家族の予定があったから、開場の8:30にあわせて7:00前にお家出発。現地到着は8:20分。はじめての日曜だけどこの時間はガラガラ、貸し切り状態で気持ちよかったよ。

 

バルボフィラム アルファキアナム

最初のやつは今年の大賞とおなじ品種(だとおもう) バルボフィラムアルファキアナム。好きなやつ。大賞の写真もとってるけど、ケータイでピンぼけしてた・・・汗 何年か前にもこいつ大賞とってたかな。そのときからバルボは好きな洋蘭のひとつです。

これ名前違うみたい。ツイッターで次のような会話ありました。

このバルボは十数年前に、台湾の業者がBulb.(arfakianum×sp(Green))で販売されていました。それがいつの間にかarfakianumのシブリングとして浸透してしまい今に至ってます。
交配種であることは間違いないのですが、交配名はおそらくBulb. Taiwan Cicad (arfakianum x burfordiense)かと思われます。

pure waterオーキッド @purewater_masaさん

 


Cattleya nobilior

で、次のはカトレア。正直カトレアってあんまり興味なかった。いまでも興味ないんだけど、これは(自分の中の)カトレアっぽくなくて、浅い鉢に植えられてるのがかっこ良くて写真におさめました。※写真はいっぱいあるんだけど、その中でも気になる一品だったのでBlogのっけてます。名前は Cattleya nobilior カトレア ノビオール。
沖縄だと、沖縄銀行のマークで、また、カトレアはランの女王。豪華できらびやかなイメージだけどこれは可憐って感じ。茎のバルブもぶっとくてずんぐりむっくりで造形がお気に入り。

 

Kimg0247

最後はアングレカム。アフリカのラン。昨年、ここで苗を購入したんだけど、一年たたずに枯らしてしまった。そういう意味もあってきれいなアングレカムが最後の一枚。

沖縄国際洋蘭博覧会

190512 マクロアプリ ハイビスカス モウセンゴケ

モウセンゴケ の花を撮りたくて マクロレンズを探してたんだけど、スマホのアプリでそれっぽいのがあったので、試しに撮ってみた。モウセンゴケ の花は花びらが1cm程度なのでかなり接写しないととれない。んで、実験的にとったのが以下の2枚。


1557666605289


こっちは、ハイビスカス ハワイアンフラッグ。いくつかハイビスカスをもってるけど、いちばんのお気に入り。ハイビスカスは1日花なので夜だから萎れてるけどご愛嬌で。


1557666616747


こっちがモウセンゴケの花。アフリカナガバノモウセンゴケ 白花。Drosena Capensis Alba。つぼみなのもご愛嬌で・・・


190210_オキナワセッコク

Dsc_1654


昨日と同じオキナワセッコク。今日の写真は、別の人が撮って、カメラが異なる。
撮影日 2014/02/11

オキナワセッコク

Dendrobium okinawense
沖縄県レッドデータブック:絶滅危惧ⅠA類
環境省レッドデータブック:絶滅危惧ⅠB類
特定国内希少野生動植物種

190209_オキナワセッコク

Dsc_0784


今年の沖縄国際洋蘭博覧会で、オキナワセッコクが・・・って話を書いたんだけど、2014年の洋蘭博で写真とってた。
また、海洋博の人が以下のような説明文をのっけてた。タイムスタンプは20140211。

Dendrobium okinawense オキナワセッコク
沖縄島の固有種 白または淡紅色 5cmくらい。
あと、国と県から絶滅危惧種に指定されているとも・・・ 今年は洋蘭博覧会での出店で結構売ってたので、繁殖がうまくいってるのかもしれないですね。

アングレカム・セスキペダレ〔Angcm. sesquipedale〕

アングレカム

過去の写真を整理してたら、2017/02/13でアングレカムの写真とってた。さらにインスタにあげて、今年目立った蘭とかコメントしてた。アングレカムは数年がかりで1年のその日(沖縄国際洋欄博覧会)だけ存在感があったみたいだ。人の記憶はやばいね。

以下、インスタのコメント・・・
#angraecum #沖縄国際洋欄博覧会 #洋らん #orchid 今年少し目立った蘭

190204_アングレカム Angrecum Crestwood

アングレカム

沖縄国際洋蘭博覧会の名残があって、今日もまた、その話。
今回の写真は、2019年の出展のひとつ、Angrecum Crestwood。これは2010年の博覧会で総理大臣賞をとったものと同じ品種。その時のやつは正式名称は Amgcm. Crestwood 'Tomorrow Star' となってる。

世界らん展(東京ドームで開催)でも、大賞をとったとか、Webでいくつかみるんだけど、公式では探しきれない。

また、このアングレカムは星の形をしてるところから、別名『コメット・オーキッド』とも呼ばれてるらしい。
なんか、この辺の情報が入ってくるの、たのしいな。


ホンコンシュスラン (180324撮影)

ホンコンシュスラン

これも昨年、今年と沖縄国際洋蘭博覧会にて、ひっそり出展されてた蘭の一種。お家にあるやつ。ジュエルオーキッドの別名があって、花ではなく葉っぱがきれいで楽しめるとのこと。
キバナノセッコクと同じく昨年さいたんだけど、そのままだったので、上げておく。ジュエルオーキッドとかいいながら、葉っぱの写真はいまないな。ちゃんと撮影しておこう。

これは3年くらい前かな?親父が気にいって買ってきたやつ。ほったらかしにしてるけども、毎年元気に花をつけてくれる。

花の写真は昨年の3/24なんだけど、今年はすでに蕾がついているよ。

Ludisia discolor ルディシア ディスカラー
シュスラン

キバナノセッコク(20180519撮影)

キバナセッコク

180225に書いた"キバナノセッコク" お家に来たのは 2017年2月。昨年は少し手を入れて5月19日にこんな花が咲きました。黄緑のなんとも言えないきれいな色。

海洋博にいって、オキナワセッコクってのが色んな所で、今年羽目について、そういえば、昨年お家で咲いたな・・・とBlogにも掲載してなかったな・・・と思い出してアウトプット。

ちなみにオキナワセッコクは淡いピンクか、白い花らしい。検索したら出てきた。

190203_沖縄国際洋蘭博覧会 雑記

沖縄国際洋蘭博覧会 URL http://oki-park.jp/oios/entry/

2/2~2/11の約10日間。朝は8:30から夕方17:30までね。
今年も行ってきました。10日間ってのは、土日が2回って感じ。なので、半分は仕事で時間取れないし、例年は終わり間際に飛び込みで鑑賞する感じなんですが、今年は、こっちのスケジュールで初日!? に訪問してます。終わりぐらいにいくと、花が枯れかけてて?なんか終わりって感じをここ数年感じていたんだけど、初日だと、もっと瑞々しい花がある!! かなと・・・でも、正直あんまりみずみずしくなかったです。汗

ただ、海洋博?熱帯ドリームセンターが少しリニューアルしてて、例年のものより変化を感じました。
1番は、洋蘭クイズかな?毎年問題が一緒で、問題みなくても答えがわかる、こなれたものだったんですが、今年は全面リニューアルで難しかったです。

昨年の同日くらいのBlogにも書いてるんだけど、大賞とかはあんまり興味なくて?勝手に自分の興味あるものにばっかりみてました。笑ってしまうのが、去年の大賞とか1ミリも記憶になく、今年のポスターみたときに???ってなってました。

昨年の大賞がトリコセントラム だったんですが、記憶になく、今年の普通の出展をみて、「うわっ でっかいオンシジウムあるやん~」とか思ってたら、昨年の大賞のお花でした。
正式には トリコセントラム スプレンディウム (Trichocentrum splendidum)

トリコセントラム


出展されてるものは、相変わらず、バルボフィラムの変わったのをさがしたり、グランディフローラムを数年前に見て衝撃を受けてたんだけど、流行りスタリがあるみたいで、ここしばらくはトレンドではない感じだったんけど、今年も数点出展があってうれしかったり、
1549203090379

パフィオの斬新な色とか形とかで、ときめいたりした。
1549203162502

お家でも元気にさくシュスランの出展をみて、地味にあがんばってるなぁとか、感想はそんなもん。
いろいろ見たけど、その中でも自分のなかでは、今年はアングレカムに興味が湧いた。以前からアフリカ産の蘭で白く星型ってのは理解してたけど、なんだかしらないけど、今年はアングレカム。

より以前の記事一覧

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ