200205_Kissing slugs(洋ラン)

Kissing slugs


沖縄県で2月に10日間ほど開催される沖縄国際洋蘭博覧会で何年か前からか出店で蘭を数点購入するってのが慣例行事になった。
毎年、ちょっとづつ、そんなにたかくないやつを買ってる。

今年は新潟からの出店があった。そこで、3つ1000円で小さな、ミニチュアオーキッド?ミニ蘭?みたいなやつをみてたんだけど、ナメクジのキス(Kissing slugs)とかいういかにもおどろおどろしい蘭をみっけた。
名前はプレウロタリス サラセニア (Pleurothalis sarrasenia)、ブラジル原産の原種らしい。水を好むとお店のお兄ちゃんは言ってた。

Webでしらべても、プレウロタリス サラセニアだとあまり引っかからない。Pleurothalis sarraseniaだと、ひっかかるが、日本語のページはあんまり。育てやすいとの記述もあった。大きくなるのが楽しみだ。

プレウロタリス属 Pleurothallis R. Br. はラン科植物の1属。熱帯アメリカにきわめて多くの種がある。花は地味なものが多いが、その形態は非常に多様。

また、以下とも書いてる。

種数は非常に多く、1000種とも1100とも言われ、これはマメヅタラン属と並んでラン科最大の種数を誇る。さらには属としては植物界全体でも最大の1つとも言われる[14]。分類的にはまとまりのよい群ではなく、いくつかの亜属に分けられるが諸説あり、それらが単系統をなすかどうかには議論がある[15]。

プレウロタリス属(Wikiprdia)

沖縄国際洋蘭博覧会

200202_沖縄国際洋蘭博覧会(開場2日目)

沖縄国際洋蘭博覧会看板

という訳で、今年も沖縄国際洋蘭博覧会にいってきたよ。2週間で土日が2回しかないから、うまくスケジュールあわせないと行けないんだ。家族のスケジュール調整も必要で、結局、一人でいってきた。午後その家族の予定があったから、開場の8:30にあわせて7:00前にお家出発。現地到着は8:20分。はじめての日曜だけどこの時間はガラガラ、貸し切り状態で気持ちよかったよ。

 

バルボフィラム アルファキアナム

最初のやつは今年の大賞とおなじ品種(だとおもう) バルボフィラムアルファキアナム。好きなやつ。大賞の写真もとってるけど、ケータイでピンぼけしてた・・・汗 何年か前にもこいつ大賞とってたかな。そのときからバルボは好きな洋蘭のひとつです。

これ名前違うみたい。ツイッターで次のような会話ありました。

このバルボは十数年前に、台湾の業者がBulb.(arfakianum×sp(Green))で販売されていました。それがいつの間にかarfakianumのシブリングとして浸透してしまい今に至ってます。
交配種であることは間違いないのですが、交配名はおそらくBulb. Taiwan Cicad (arfakianum x burfordiense)かと思われます。

pure waterオーキッド @purewater_masaさん

 


Cattleya nobilior

で、次のはカトレア。正直カトレアってあんまり興味なかった。いまでも興味ないんだけど、これは(自分の中の)カトレアっぽくなくて、浅い鉢に植えられてるのがかっこ良くて写真におさめました。※写真はいっぱいあるんだけど、その中でも気になる一品だったのでBlogのっけてます。名前は Cattleya nobilior カトレア ノビオール。
沖縄だと、沖縄銀行のマークで、また、カトレアはランの女王。豪華できらびやかなイメージだけどこれは可憐って感じ。茎のバルブもぶっとくてずんぐりむっくりで造形がお気に入り。

 

Kimg0247

最後はアングレカム。アフリカのラン。昨年、ここで苗を購入したんだけど、一年たたずに枯らしてしまった。そういう意味もあってきれいなアングレカムが最後の一枚。

沖縄国際洋蘭博覧会

200202_一眼レフカメラ D40

沖縄国際洋蘭博覧会 2020 にいってきた。デイリー、ウィークリー、マンスリーでいうと、イヤーリー行事で毎年いってるんだけど、今年は土日、坊主のイベントで子供、かみさんが動けないので、一人でいってきた。

最終日に家族でいくけどね。

んで、一人なので??久々に一眼レフ出陣。だいぶ使ってなくて前日電源入れたら、バッテリーきれてるし、日時もリセットされてる。そもそも10年以上まえの一眼なので・・・とかおもってたけど、全然いい。やっぱ、D40名機だわ。

今回はシャッター押すのがスンゲー楽しかったよ。
もっかい、きちんとメンテして、もっかいD40べんきょうするですわ。
写真はキットセットのデフォのレンズだったけど全然いい。

とかいいながら、レンズほしいので、リンク張っておく。

PS。35mmと50mmって何が違うの???

200125_蜂角鷹(ジャパンウィスキー)

Kimg0210

あらためまして、新年あけましておめでとうございます。なんで、今、新年の挨拶かというと、本日は旧暦の1月1日らしいです。うちなーぐちでいうところの、"いいしょうぐわち、でーびる"

お正月だからお酒っていうわけではありませんが、お家にあったストックのウィスキーがきれました。知らない間に在庫がゼロとなってました。
んなことを、職場でぼやいていたら、”角鷹(くまたか)っていう日本のウィスキーがあるよ。どこでも売ってるわけでないが、業務スーパーであつかってるから、帰りにかってかえったらいいよ” とアドバイスをいただいたんです。

さらに、同じ会社”南アルプスワインアンドビバレッジ株式会社”で、蜂角鷹(はちくま)ってのがあってちょっと安いんだけど、こっちはおすすめしない、美味しくないから! ってのも。

今日は仕事だったのですが、早めに帰れたので、いそいそと 業務スーパーへ。

ところが、日本ウィスキーってあんまり扱ってなくて、ブラックニッカとか、トリスとか・・・ 仕方がないので、外国産のリーズナブルなやつと炭酸水だけ購入。でも、気持ちは”ジャパンウイスキー”なので、もう一軒スーパーにより、その おすすめしない方の蜂角鷹を購入。
ってか、これしかなかった。

なんだかんだ買い物をして帰っても18:00まえ。おうちは買い物等で、だれもいない、不在。ひとりいそいそと晩酌セットを用意し、まずはロックで、ひさびさの日本ウィスキーをいただきました。

・・・・まずい。くさいし?なんか後味にへんな甘さが残る。

”xxx とかは ハイボールにしたら美味いよ”とか言ってたのを思い出し、購入した炭酸水で そのままハイボール作成。
ハイボールにするなら上等なものより、安いので〜 とかは頭に入ってたし、コークハイなんかもそんな感じで飲んでたので、迷わずハイボール。

・・・・まずい。臭さは消えたけど、甘さはあんまり。
ナッツ系をほおぼりながら、TVをかけて、3/4くらい飲みきる。そこで、さらに炭酸水を投入。

・・・・あ、これくらいなら行ける? ハイボールだと飲める?
おつまみがすすまない、空腹だったはずなので、もうちょい飲むんだけど、お酒もすすまない。
結局、ハイボール一杯程度で、晩酌終了。明日休みだし、普段はまだまだなんだけど、ここでストップしたのは、やっぱ美味しくないって体が拒絶してるのかもしれない。

とりあえず、そんな話。

あ、業務スーパーで、向こう産のウィスキー買ってるので、それは明日にでも報告します。

追伸:蜂角鷹 黒ラベル?のファインブレンドってのが別にある。そっちだと味がかわるのかも???

200104_Happy New Year & Brocchinia Reducta

Kimg0170


新年、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
とはいいながら、すでにお正月 3が日もすでに終了で、4日、土曜日です。今年は大晦日~元日と東京にいました。
生まれて初めて、明治神宮で初詣を行ってます。大晦日は朝まで?飲んでました。(ちょっと盛ってます)
2日は、沖縄で成田山に初詣。昨年までのたくさんのお守りとかお札とかを返納しました。このあたりで晦日、元旦からの調子悪いのがでてきて鼻水ととまらないのと、寒気がとまらない。
3日は、お疲れモードでおうちでごろごろというか養生。
で、本日、4日。実は年末にオークションにて念願のブロッキニアを競り落としました。ブロッキニア・レドゥクタ(Brocchinia Reducta)。

ブロッキニアとは、南米原産のある意味地味な食虫植物。だけど、原産地がギアナ高地なので、かなりレア立ったりするわけです。
あと、ギアナ高地原産ではもうひとつヘリアンフォラというやつがいて、こいつのほうが有名?(個人的な見解です)
ただ、ヘリアンフォラはかなりの湿度を要求するので、育て方が難しいというか難儀。
※ブロッキニアは楽なの???

ということもあって、ブロッキニア、2019年から探していたのです。
新年、ブロッキニアがおうちにきて、ギアナの食虫ふたつそろった・・・です。

«2019 年末雑記

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ