180225_キバナノセッコク

キバナノセッコク
これも昨日Blogでかいた、バルボのロスチャイルド交配種と一緒に昨年、沖縄国際洋ラン博覧会の出店でかったやつ。キバナノセッコクとかいている。キバナノセッコクは、セッコクとは別品種とぐぐったらかいてあった。
正式名称は Dendrobium tosaense Makino といって、デンドロの一種。洋ランだけど? 四国、九州、琉球列島と国内で自生。あと、中国南部、台湾とかにもあるらしい。
ほぼ野外でほったらかしに近いので結構痛んでる。ちょっと真面目にそだててあげよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

180223_洋らん バルボその3

180223 洋らん
これ、昨年(2017年)の沖縄国際洋ラン博覧会での出店で買ったランなんですわ。そのときからバルボフィラムになんだかわからないけどちょっとだけはまってて、お小遣い程度で買える値段のやつを購入したと思う。
ま、バルボだったらなんでも?的な感じだったかな。

今、再度ラベルをみてびっくり。rothschildianum x fascinator との交配って書いてる。去年もファッシネイター系を購入してた。
で、もう一方の ほうは rothschildianum ロスチャイルディアナムとよみます。ランにかぎらず結構なところででてくるロスチャイルディアナムはイギリスの ”Rothschild 男爵(ロスチャイルド男爵?)”からきてるらしい。正式名称は ライオネル・ネイサン・ド・ロスチャイルド かな。

お花にもどって バルボフィラム・ロスチャイルディアナム はインド ダージリン地方原産だって。

それからrothschildianum x fascinator の交配種 ぐぐったら fascinator x rothschildianum が見つかってDoris Dukes って名前ついてるんだけど、逆はどうなんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

180213_洋らんその2

180213 洋らん

これも前回のBlog同様、沖縄国際洋ラン博覧会での出店で購入したやつ。同じくバルボフィラム。前回のファッシネイターに比べてやく半値くらいで買っている。フロスティ(frostii ) x ピントンゲンセ(pingtungense) の交配種らしい。この辺りに成るとネットでも結構深部をぐぐらないと情報がそんなにでてこない・・・

バルボ フロスティは ベトナムの木靴という別名があり、靴のような変わった花が咲く。ピントンゲンセのほうはあんまりわからない。台湾原産ってのはしらべることができた。

さて、どんな風に栽培していけばいいんだろう???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

180213_洋らん

180213洋らん
いつの頃からか2月の2週間だけある沖縄国際洋ラン博覧会には毎年欠かさず行っている。花の命は短し、濃い施与乙女ではないけど、期間限定なので土日が二回程度、むりっくりでもスケジュール開けて参加。
総理大臣賞とか大層な物はぶっちゃけ正直興味がなくて、変わった品種とか、その年のトレンドとかに興味があり、そんなのを見るようにしてる。洋ランは激しく種類が多く、なかなか名前が覚えきれないのがもどかしい。

何年か前にはAPOC(アジア太平洋洋ラン議・蘭展)が沖縄であって、(今調べたら2013ねんだった・・・)その前後から見る側ではなく一度は出展するとかいいながら今にいたってる。

出展する為には持ち株がないとということで、昨年からは出店の少しかわった蘭を購入し、目的がみるより購入にかわってたりしてる。

んで、写真の物が今年の獲物だ。

バルボフィラム・ファッシネイター(セミ-アルバム)
Bulb. fascinator semi-album

バルボフィラムはマメヅタラン属で、蘭の中でも最大級の属らしい。ファッシネイターはラテン語での艶かしいという意味。semi-albumはsemi-albaとかいたりしてるんだけどalb*で白色を意味するsemiは半分とかの意味。
*ネット便利ねラテン語の学名とか調べる事できた。ラテン語辞典ほしいけど。

最終日なので、1000円が500円とか、5つで1000円とか、けっこう叩き売りになってたんだけど、自分が購入した奴はもうちょいしてて、値段交渉したけど、「ごめんね。これはまけられない。ネットで買えばもっとするから!!」と少し怒られ気味。すいません。無知で・・・・m(._.)m

でも、その他は丁寧にいろいろおしえてもらうことができました。
きちんと育てて奇麗に咲かせて、洋ラン博覧会出展できればいいな・・・

あ、実は去年二鉢買ってます。今年もふたはち。
またBlogでかきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

170507_GW終了

今日でGWおしまい。明日からは通常運行。

さて、最終日は、1/3くらい艦これ、残りはすぐやってくる梅雨にそなえて買い物をした。
ついでに、メイクマンで、唐辛子の苗を二つほどゲット。

ここしばらく、ハラペーニョを育てたくて、うずうずしていたのです。
世界の唐辛子の苗っていうものがうっており、ハバネロ、ハバネロ(オレンジ)、四川唐辛子、タバスコ、韓国唐辛子、タバスコ・・・とあった。
ただ、お目当てのハラペーニョはなかった。

ひとつ、258えん。ハバネロと、タバスコを購入。

トウガラシ(唐辛子)の育て方

上記のWebから抜粋

トウガラシの栽培時に気を付けるポイント!

  • 盛夏までに株を大きく育てる事が長く収穫をするポイントです。
  • 唐辛子の生育適温は22~30℃です。
  • 高温にはかなり強く低温には非常に弱いので植え付け時期に注意しましょう。
  • トウガラシには連作障害があるので3年以上の間隔を空けましょう。
  • トウガラシは根を浅く張り出すため、用土の乾燥に注意が必要です。
  • 生育期間が長いので肥料切れと水切れに注意しましょう。
  • 成長が旺盛な夏場は整枝を適宜行って株が蒸れないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咲いたー

蓮

蓮の花

つぼみが膨らんで、咲きました。
ハスです。スイレンじゃないです。園芸品種がたくさんあって、メモってたんだけど、いまちょっとわからない。
調べてかきますね。

ハスは茎が立ちます、長いです。さらに、葉が水をはじきます。コロコロします。

Wikipediaさまには

 ”古名「はちす」は、花托の形状を蜂の巣に見立てたとするのを通説とする。「はす」はその転訛。”

って、かいてあります。ハスコラのハスですね。

あと、地下茎はれんこん(蓮根)になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮のつぼみ その二

蓮のつぼみ その二

今日は7月19日。つぼみ、大きくなってる。
前回と写真をとる角度、構図がちがうから、対比できない。汗
あすには、さくかなぁ・・・・

あ、うちの蓮盆には、メダカならぬ、金魚いれてます。数センチの水があればボウフラがわくらしいです。
蚊が発生し、よけいな病気が蔓延するので、メダカ重要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮のつぼみ

蓮

ここ数年、ずっとやりたかったことの一つがウォーターガーデン。
っても、睡蓮鉢と睡蓮と水草と魚(めだか、金魚)ってのをずっとやりたかった。

いろいろあーしようとか、こーしようとか、構想しながら、気がつくと、一年がすぎてってのが、
ここずっとつづいてた。
こないだ全然別の用事でホームセンターにいくと、水瓶があり、水草があり、ずっとやりたかった自分よりも、
嫁さんのほうが、テキパキとものとぶつをえらんで、あっちゅーーまにウォーターガーデンのセットを購入してた。

で、この写真。もうすぐ、花がさく。
睡蓮ではなく、ハスですね。
睡蓮もべつでやってみたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

160712_ミニドラゴンフルーツ その2

ミニドラゴンフルーツ

こいつもミニドラゴンフルーツ。
前回の日記で「複数なっているのだ」って書いたんだけど、今回の写真は前回の写真とは別の鉢で成ってる果実です。ミニドラゴンフルーツは、お店でうってるものとかは、螺旋状に葉がまきついて絡み合ってるのが普通?この写真のものはそんな感じに育っている。どう育てたら螺旋にまくのか、どう育てたらだらーんとのびるのかあんまりわかっていない。

ただ、これは最初に購入した苗から実った果実からの発芽組。知らない間に3鉢、4鉢と増えててるのです。
おうちと相性があうのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

160708_ドラゴンフルーツ ミニ !

ドラゴン

別名が石化月下美人というミニドラゴンフルーツ。
ミニと名前がついているドラゴンフルーツだけども、厳密には種類がちがう。
ドラゴンフルーツは ヒモサボテン属 (Hylocereus属)、こいつはクジャクサボテン属(Epiphyllum属) 。

ドラゴンフルーツも育ててはいるが、管理がいいかげんなので、ちゃんと花がさかない。
でも、このミニドラゴンフルーツは、今回で果実は3個目?4個目?

数年前に鉢植えの小さなものをかってきてから、毎年?程度には花が咲き、実がなる。
月下美人らしく、夜花がつき、明け方には枯れている。きちんと花を撮影できてない。
※もしかするとケータイのメモリーひっくりかえせばでてくるかも・・・

熟すのを待って、収穫して、一度は食べてみようとおもってはいるんだけど、気がつけば枯れちゃってる。
枯れてから発芽したものがべつの鉢に植わってたりする。お家の気候と相性がいいのかもしれない。

写真は一つだけど実は複数なっているのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧