« 170507_GW終了 | トップページ | 170511 コモウセンゴケ »

170509_グッピーな話

 もう20年も前の話だけど、学生の頃アクアリウムにはまったことがある。最初は45cmの水槽からはじまって、すぐに業界標準は60cmということを理解して、気がつくと60cmが2本、3本と倍々ゲームで増えていった。
生体もネオンからはじまって、お掃除屋さんのコリドラス、プレコ、ナマズ、アロアナといろいろ種類も増えていった。
ところが、熱帯魚の王道ともいえるグッピーにはそんなに興味をもたなかった。

 月日がながれて現在、沖縄の小川で島グッピー(はじめて島グッピーという名称があると知った)がすくえると嫁がママ友から情報を嫁が仕入れてきて、息子と数回とりにいった。まだら模様、モザイク調の島グッピー・・・
それを見て、そういえば、学生のときももらって水槽でかってたかな・・・と記憶がよみがえった。当時はこいつは小学生の落書き模様にしか見えなくて、小学生グッピーって呼んでだっけ?・・・って。
熱帯魚屋さんに売ってるグッピーはもっと繊細なもようがあるからね。

 かみさんは、その小学生グッピーをきにいって、暇があれば、ぼーっとみてるんだけど、ひょんなことから、本当の?熱帯魚屋(沖縄ビアンコさん)にいって、本当のグッピーをみてしまい、一目惚れ。

  「こんなきれいなのが水槽で群れてたらぜったいいいはず!!(要は買ってくれ)」

 そんなこんなで、美しい(とはいっても雑種のグッピー)が5ペア(10匹)、小学生グッピーとエビと水草が怏々と茂るコミュニティ水槽にやってきたのがGWの中日。GWはそこそこ、子供とお外にいったりしてお家にいなかったんだけど、かみさんは暇があれば水槽をみてる時間が増えてた。

ところが2〜3日で、きれいなグッピーの尾ひれがズタズタになり、1匹、2匹と召されていった。
オグされ病か、それとも餌不足でひれをかじられたか・・・いろいろかんがえて、水換えとか、塩をぶち込んだり燃したんだけど、焼け石に水。
結局、昨日で7匹おなくなり・・・・・(T_T)

 ところが、沖縄ビアンコさんは、生体保証とかいうサービスをやっており、一週間以内に生体が死んだ場合は保証しますとのこと。こちらのミスかもしれないなと申し訳ない気持ちと、原因を知りたいが為に、お店にお邪魔した。全てお話すると

1) オグされ病だと、塩じゃだめ、薬でないと
2) 餌不足でかじられただと話があわない
3) 水がわるいかも?でも他の魚がしんでないなら、該当しないかな?

・・・とのこと。原因として考えられるのはグッピーは国産と外国産があり、それぞれ保有してる菌がことなるため、別種を混ぜるとかたっぽが全滅するケースは多々ありますよと。でも、これが原因かどうかはわかりません・・と。

 丁寧になくなった分のグッピーを提供していただき、もし、同じ事があれば水槽の水をおもちください。水質検査をしますと丁寧におっしゃってくれた。

というわけで、ありがとうございます。
しばらく、様子見ます。

たかがグッピー、されどグッピー・・・・


|

« 170507_GW終了 | トップページ | 170511 コモウセンゴケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/684/65259059

この記事へのトラックバック一覧です: 170509_グッピーな話:

« 170507_GW終了 | トップページ | 170511 コモウセンゴケ »